FC2ブログ
2016/04/12

水瀬家の財力と豪邸について

今回は水瀬伊織の実家である水瀬家の財力について話していこうと思います。

水瀬財閥は日立がモデルだという見解が一般的ですよね。あのCMもありますし恐らく事実でしょう。

さて、日立グループの資本金は458億。売上は1兆8000億円です。

資本金が少ないのは案外自転車操業なんですかね。

株価も15年をピークに徐々に下がり続けてますしね。

まぁそれはいいとして。

日立製作所の前社長である中西 宏明さんの報酬が年間1億7300万円でした。

http://kyuuryou.com/w2869-2013.html

今年から新しく東原 敏昭氏に代りましたが、それほど変わらないと思います。

そのことから、日立=水瀬財閥の最高責任者である伊織の父の年収は約1億8000万程度だと取れます。

そして、アニマスで登場した豪邸ですが、この値段が予想外になりました。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n130650

恐らく伊織の家はこのサイトに出てくるような門つきの豪邸だと思われます。

20110819063207.jpg

しかし、これらはほとんどが100億は下らず、2億未満である役員報酬では到底買うことが出来ません。
(長者番付だと資産総額はとても多いですが、あれは施設など会社が保有する全ての所有物の総額であり、社長自身の可処分所得ではありません。)

しかし、会社の社長などは自社の株式を大量に保有している場合があります。

その場合、その株の配当金が入りますので、それも加算できます。

孫正義氏などは役員報酬より、自社株の個人保有による配当金のほうが多いです。

http://yuuto-ads.com/2016/01/08/son_shisan/

そうなると年収95億。

これなら、少し貯めればこのような豪邸も夢ではありませんね。

しかし日立はソフトバンクより圧倒的に利益が少ないので、だいぶ下がると思います。

まとめると、伊織の父は日立より大きい会社の社長であり、自社株の配当金を含めると
十分画像のような豪邸を購入することは可能である。ということでした。

(維持費などは今回は考えません。)

それでは、今回もありがとうございました。
スポンサーサイト
2016/03/24

「天海春香」という看板

今回はアイドルマスターの総センターであり、主人公である春香さんについて話していこうと思います。

春香さんは二次創作や発売タイトルによって色々な性質になっていますよね。古参の方の中には昔の春香は消えてしまったと悲観する方もいるかもしれません。しかし私は、春香はあくまで春香であり、役割がそれぞれ違っているだけだと思うのです。
春香は主人公というより、「看板」だと思います。

バンナムにとっての春香
 アーケードや無印「アイドルマスター」のコンセプトは「アイドル育成ゲーム」です。
 その主人公として、ゲームコンセプトを体現させたキャラ設定がなされました。
 一昔前の「田舎くさくどこにでもいそうな女の子がアイドルとなって偶像になる」というコンセプトそのものです。
 
そのため無個性でニュートラル、それでいてステージに上がったら輝かしいパフォーマンスをし、歳相応な部分もあり、偶像に憧れた真っ白な少女であり、Aエンドでも恋仲にならず偶像であり続けることとなりました。
 まっすぐで真っ白なキャンバスゆえに、二次創作でもさまざまな春香が生まれ、そのどんな妄想も受け入れる完成された偶像となりました。
 
 アイマス2やアニマスでは、開発人による作品コンセプトによって春香の性質(役割)も変わりました。
 特にアニマスでは、次にデレマスやミリオンを控えた、現行アイドルマスターのまとめ、その主人公として「団結」というテーマのもとリーダーシップを役割とされ、内面の葛藤も主人公として取り入れられました。その結果、無印とは正反対の「主人公らしい主人公」という役割を果たしたのです。
 
 ここからするに、バンナムにとっての春香は主人公という以上に、作品の性質を現す「看板」という役割が強いように感じるのです。
 元々無個性であるから、どのような役割もこなせるため、作品ごとにコンセプトが異なっていても対応できる。これは、「作品ごとに切り口が違うだけで、全部が春香である」とも言えます。
(無印Aエンドでは、春香は他の子と同様に恋心を抱いていたと考えられ、Pによって振られただけでPがOKしていれば偶像としての春香は死にますが少女としての春香エンドになっていたと考えられます)

私は全てひっくるめて春香だと思います。春香はあのような側面もあるという事です。実に万能ですね。これもニュートラルのなせる業かもしれません。

そろそろ、アイマスというかいわゆるオタクカルチャーとは離れた話題も挟みたいと思います。。。
なので次の記事はオタクっぽくないと思います。

それでは今回もありがとうございました。



2016/03/18

アイマスにおけるプロデューサーとは

私は疑問に思うのです。なんでプロデューサーなのに自分でイベントやアイドルの方針を企画できず、逆に金を払っているのか・・・。

アイマス公式がいくらプロデューサーと言っていても、ひたすら課金して貢いでいる現状はプロデューサーなどではなく客でしょう?

そこで今回は、アイマスユーザーは本当にプロデューサーなのかについて話してみます。

「教えてgoo」より
“「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。
企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。”

これはアニメアイドルマスターのプロデューサーなら当てはまります。しかしデレマスのユーザーとしてみると、間違っているといわざるを得ません。(自分の手でアイドルの方向性を決められるわけでもなく、自分でイベントを開けるわけでもない。アイドルをより上位へプロデュースするには、ひたすら運営へ課金するしかなく、これは明らかにAKBの総選挙に類似したシステムです)

つまり、俺たちはプロデューサーと言われているが、実はただの客だったんだよ!ナ、ナンダッテー

どう見ても、運営がプロデューサーですねわかります。

ここでデレマス内のプロデューサー(=ユーザー)は役割としてのプロデューサーではないと分かりました。では、過去作におけるプロデューサーはどうでしょうか?

DSを除き、アーケード~OFAまで一貫して同じゲームシステムですが、プレイヤーに決定権があり、能動的にゲームを進められる点では、確かにプロデューサーとも言えます。しかしこれはゲームだからしょうがないとも言えますがやはり自分でアイドルとしての仕事を作ったりできはしません。全てソフトに入っていることしかできないですね。
つまり、ある意味ではプロデューサーではあるかもしれないが、やはり完全に自由にできるわけでないです。

ぶっちゃけてしまうと、公式のコンテンツの範囲内でいる限り、私達は真に彼女/彼らのプロデューサーではありません。

では、どうすれば誰の制約も受けない語源の意味そのままのプロデューサーとなるにはどうすればよいのでしょうか?

屁理屈のようですが、答えは簡単。自分の中の世界であればあなたは正真正銘、プロデューサーです!

なぜなら脳内でならあなたは自由にアイドルに何でもさせることができるからです。それを他人に向けて表現するのも良いでしょう。SSや漫画、イラスト、ノベマスでも、あなたの完全な思い通りにセッティングすることができます。

まとめですが、公式の用意したコンテンツをただ利用しているだけではあなたはプロデューサーではなく顧客です。本当の意味でプロデュースしたいのなら、あなた自身が彼女たちとのエピソードを創造する必要があります。

おまけ?として、私が妄想した話を少し載せて今回はおしまいとしますw



卯月「私達の写真を使った携帯ゲーム・・・ですか?」

運営P「ああ。最近スマートフォン、次世代携帯端末を使ったソーシャルゲーム・・・いわゆるソシャゲが流行の兆しを見せている。そこで我々バンダイナムコもアイドルマスターを使ったソシャゲを始めようとしてるんだ。」

卯月「そうなんですか・・・どんなゲームなんですか?」

運P「データ上でアイドルのトレーディングカードを作り、それを使ってユーザー同士で戦うんだ。人気の出たアイドルはボイスも収録し、ミニドラマも付けようかと思ってる。」

卯月「それだと人気が偏ってアイドル同士で格差ができちゃうんじゃ・・・?」

運P「まぁそこはしょうがないさ・・・。それはそうと、セリフとかは顧客・・・アイマスだとプロデュサーってことだから、俺に向かって喋るようにして話してくれ。自然体でいいからさ。」

卯月「えっ(そんな・・・本人に言うわけじゃないからってプレデューサーにそんな大胆なこと言うの恥ずかしいよぉ!)」


時が経ちすっかりデレマスは課金ゲーと言われ定着した頃・・・

杏「いやーほんと楽勝だねアイドルって!あのゲームのおかげでガッポガッポお金が入ってくるよ!ほんとソシャゲって怖いね!買い取れもしないただのデータに何万も注ぎ込んじゃうんだから!ま、杏もその気持ちわかるけどね。ちょっと写真とって甘いセリフを吐けばいいんだからラクなことこの上なしだよねー」

卯月(ネットでは私達のカードデータを手に入れるためにファンのみんなが大金を注ぎ込んで争ってる・・・これじゃみんな笑顔になれないよ・・・でもどうすれば・・・)

いつか続く・・・?
2016/03/07

アイマ水が高いか安いかについてと、販売戦略

 去年アイマスはドームで10hライブをしましたが、その時会場限定で販売されたのが、一部で話題となっている「アイマ水」(あいますい)です。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=6&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiji-ac4q7LAhUEn5QKHahjDNsQFggrMAU&url=http%3A%2F%2Fnlab.itmedia.co.jp%2Fnl%2Farticles%2F1507%2F03%2Fnews150.html&usg=AFQjCNHsCD8an846wP7A_Y8t3I0FPUpqlA

ike_150703imaswater01.jpg

 この商品の値段について、ネットで話題となっていて今でも時々語り草となっていますが、今回はそれについてつらつらと書いていきたいと思います。

 アイマ水は500lのペットボトル水で、付属で限定ストラップが付いています。これはライブでのドーム限定販売でした。
値段はなんと1000円!これについてネットでは「高すぎる!」「ボロい商売だ」など大きな反響を呼びました。
 一方で「ストラップが本体だから安い」という意見もありました。

 まず値段設定について話しましょう。
ファングッズというものは往々にして版権料などもあり、高めの設定になることは常識です。ストラップは500~600円程度として
水そのものは80円程度でしょう。名水というわけでもなかったようです。
 それと、ライブ限定ということで特別ラベルなどを施したペットボトル容器の製造費は、普通に思うよりも若干高いようです。
全国流通させる大手メーカーのものと違い、たかだか数万本程度なので若干ボトル代が高くなります。それでも数円程度です。

 ここまでの説明だと約700円程度が相場ですね。この後版権料が入ります。そう考えると、ストラップ+ペットボトル水でキャラクターが印刷された水というのはそれほど暴利でもないと思います。(キャラクター商品としては)

 しかしこの「ストラップ付きのただの水」では並みのファンなら引いてしまう値段ですね。普通ならあまり売れそうもありません。
そこで「ライブ」という選ばれたシチュエーションと「限定」という設定が効いてきます。

この場合、大きな利益を生むのはストラップの方ですが、需要を生むのは水です。ファンはライブで汗をかき、水分を欲しています。
その時この水を「ストラップ付き」で売ります。ストラップが付いていないただのアイマ水ならせいぜい300円くらいでしょう。
しかしストラップによって大きく価格設定を引き上げることが出来、かつ水というライブによって必須商品をくっつけることで
この価格でも売れることが出来たのです。「ライブ」という環境では更に集まっているファンにも売れる要因があります。

20111216160112.jpg

 次にこの商品についての評判について書きましょう。
 高い高いと言われていますが、確かに高いです。「一般人にとっては」です。

 ライブに行くような人は生粋のファンであり、アイマスのために生き、アイマスのために仕事しているような人が多いでしょう。
でなければわざわざライブなんて行きません。
 であればこの人達にとってはアイマスは生きがいであり、自身の期待に公式が応えてくれている限り、あらゆるリソースを注ぎ込み楽しむことをいとわない人たちです。
 であれば、同じ価値観を共有していない外野の人たちがいくら言っても無意味なのです。

101108.jpg

(そういう境地に達することが出来る人はごく限られているでしょうが)

 しかもこういった商品は思い出になりますし、「高かったよねーw」とファン同士の話の種にもなります。それによりライブの思い出もより強く記憶に残ることでしょう。
 こういった特異な商品を買うこと自体が思い出作りにもなります。夏祭りや縁日などで高すぎるガラクタを無意味に買ってはしゃいだりした記憶が大人になっても覚えていることと同じです。

 まとめになりますが、アイマ水は「ファンにとっては妥当」と言えます。月並みな話でしたねw

それでは初めての記事、読んでいただきありがとうございました。
こういった話をちょくちょく投稿していきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。