FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/07

アイマ水が高いか安いかについてと、販売戦略

 去年アイマスはドームで10hライブをしましたが、その時会場限定で販売されたのが、一部で話題となっている「アイマ水」(あいますい)です。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=6&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiji-ac4q7LAhUEn5QKHahjDNsQFggrMAU&url=http%3A%2F%2Fnlab.itmedia.co.jp%2Fnl%2Farticles%2F1507%2F03%2Fnews150.html&usg=AFQjCNHsCD8an846wP7A_Y8t3I0FPUpqlA

ike_150703imaswater01.jpg

 この商品の値段について、ネットで話題となっていて今でも時々語り草となっていますが、今回はそれについてつらつらと書いていきたいと思います。

 アイマ水は500lのペットボトル水で、付属で限定ストラップが付いています。これはライブでのドーム限定販売でした。
値段はなんと1000円!これについてネットでは「高すぎる!」「ボロい商売だ」など大きな反響を呼びました。
 一方で「ストラップが本体だから安い」という意見もありました。

 まず値段設定について話しましょう。
ファングッズというものは往々にして版権料などもあり、高めの設定になることは常識です。ストラップは500~600円程度として
水そのものは80円程度でしょう。名水というわけでもなかったようです。
 それと、ライブ限定ということで特別ラベルなどを施したペットボトル容器の製造費は、普通に思うよりも若干高いようです。
全国流通させる大手メーカーのものと違い、たかだか数万本程度なので若干ボトル代が高くなります。それでも数円程度です。

 ここまでの説明だと約700円程度が相場ですね。この後版権料が入ります。そう考えると、ストラップ+ペットボトル水でキャラクターが印刷された水というのはそれほど暴利でもないと思います。(キャラクター商品としては)

 しかしこの「ストラップ付きのただの水」では並みのファンなら引いてしまう値段ですね。普通ならあまり売れそうもありません。
そこで「ライブ」という選ばれたシチュエーションと「限定」という設定が効いてきます。

この場合、大きな利益を生むのはストラップの方ですが、需要を生むのは水です。ファンはライブで汗をかき、水分を欲しています。
その時この水を「ストラップ付き」で売ります。ストラップが付いていないただのアイマ水ならせいぜい300円くらいでしょう。
しかしストラップによって大きく価格設定を引き上げることが出来、かつ水というライブによって必須商品をくっつけることで
この価格でも売れることが出来たのです。「ライブ」という環境では更に集まっているファンにも売れる要因があります。

20111216160112.jpg

 次にこの商品についての評判について書きましょう。
 高い高いと言われていますが、確かに高いです。「一般人にとっては」です。

 ライブに行くような人は生粋のファンであり、アイマスのために生き、アイマスのために仕事しているような人が多いでしょう。
でなければわざわざライブなんて行きません。
 であればこの人達にとってはアイマスは生きがいであり、自身の期待に公式が応えてくれている限り、あらゆるリソースを注ぎ込み楽しむことをいとわない人たちです。
 であれば、同じ価値観を共有していない外野の人たちがいくら言っても無意味なのです。

101108.jpg

(そういう境地に達することが出来る人はごく限られているでしょうが)

 しかもこういった商品は思い出になりますし、「高かったよねーw」とファン同士の話の種にもなります。それによりライブの思い出もより強く記憶に残ることでしょう。
 こういった特異な商品を買うこと自体が思い出作りにもなります。夏祭りや縁日などで高すぎるガラクタを無意味に買ってはしゃいだりした記憶が大人になっても覚えていることと同じです。

 まとめになりますが、アイマ水は「ファンにとっては妥当」と言えます。月並みな話でしたねw

それでは初めての記事、読んでいただきありがとうございました。
こういった話をちょくちょく投稿していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。